バーニング周防郁雄 諸悪の根源

さて、そろそろ周防郁雄との長年の因縁に決着をつけなければならない。
周防は昔から、自分の利益のためなら誰であろうと利用する人間だということは
散々言ってきた。ヤクザ、警察、その他もろもろ、自分の言うことを聞かない人間には
”権力で圧力をかけて”、無理矢理言うことを聞かせてきた。

私が町田署に逮捕された事件で、だいたい想像はできていたが
やはり周防が仕組んだ罠だったらしい。最近になって情報が入ってきたが、
私が逮捕される直前に、「当時現役ヤクザ二名」「当時現役警察二名」「警察OB二名」と、
バーニング事務所で打ち合わせをしていたようだ。ここでは名前は伏せておくが
キッチリ名前も聞いている。このカードはまだ取っておくが、時が来れば暴露してやろうと思っているよ。

バーニング事務所が銃撃されたとき、周防についていた人間は唯一1人、高島夫婦の社長、宮崎氏だけだ。周防が狙われている相手にビビリ、周防からの依頼があっても誰も近づかない状況だった。

しかし、事件当時、私と周防は喧嘩状態であったが、私の尊敬する人の未亡人がわざわざ周防と同行し、「助けて欲しい」と頼まれたため、承諾した経緯がある。もちろん当時、私の事務所に助けを求めに来たときの音声も録音し、保管しております。

音声の録音については、私は性格上、いつも自身1人で話をするため、
万が一の時の証人がいないので、必要だと感じたときは音声を録音し、保管していた。
周防が裏切り、録音していて正解だったと今になってつくづく思う。

また、周防は暴対法が厳しくなる中、刑務所の慰問でヤクザの依頼を受けて、
日本の刑務所にバーニング系芸能人を今でも派遣している。
法務省にも周防の関係で芸能人を派遣し、接待しているから持ちつ持たれつの腐れ縁ということだ。

私も過去に、周防に依頼したことがあるが、結構な金額だった。
刑務所の中でのヤクザのメンツというのは非常に大事なことで、自分宛てに芸能人がくるとなると
その人間は中で顔が立つ、そこにつけこんだ周防は裏でヤクザから大金をせしめ、
自分の事務所から芸能人を派遣していたのだ。これだけでも相当利益を得ていたと思う。

現在、周防関係の音声起こしを進めている。周防が過去にしてきた悪事は私の懐の中にまだ沢山あり、期が来ればバラ撒くつもりだ。事実のみを世間に知らせる。楽しみにしていてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です