住吉会 関会長、児島秀樹との株券問題

住吉会、児島秀樹、関会長との株券問題での判決がでた。
長期に渡って争ってきたが、ひとまずは一段落といったところか。
結果から申し上げると児島氏と関会長は、株券は笠岡総裁の物だと認めた。

当然の結果だ。

しかし、裁判所から判決がでて、株券が私の物だと証明されたとしても、
この件はこのままでは終わらない。

今まで、裁判で判決がおりるまで私は悪者扱いされてきたのだから当然である。
時間も金も無駄にした。この責任はどうとってくれるのだろうか?

本当に義理も人情もない、ヤクザとしてどうなのか、人間性を問うてみたいものです。

ここでは書面の公開は控えるが、後に、違う形で書面を公開します。

世間に「自分は嘘つきです、親戚を騙すような人間です」と証拠付きで公表するのだから、たまったものではないだろう。

是非、楽しみに待っていてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です