学習院出の”詐欺師”大石 智一の正体

 

大石名詞2以前、「仁科亜季子の正体」で芸能人”仁科亜季子”が代表を勤めていた「(株)京彩」がビジネスに失敗し、「大翔」という会社から1億円を借り入れた事実を公開したが、実はこの話、未だ決着がついていないらしい。

銀行から100億円を騙しとり、逮捕されていた人物だけに、こうなる事は必然だったのではないかと今になって思うが、情報によると、借り入れた1億円のうち、「調査費用」という名目で毎月100万円を返済し、5400万円は返済したが、残り4600万円を残し、返済がとまっているようだ。

 

【詐欺】大石 智一 逮捕

 

なぜ、社長の仁科亜季子ではなく、副社長の大石が支払っていたのかというと、大石の学習院時代の大先輩である田中という人に「おまえは男なんだからお前が払え」、と言われ返済を行っていたと聞いた。

億単位の金が動く世界は、私には分かりかねるが、「借金に男も女もない」のではないのかと思う。本来なら社長の“仁科亜季子”に返済義務があるのだ。常識的に考えて誰もが思うことだろう。

とうとう金が回らなくなった大石は自己破産し、同時に社会的信用も失った。大翔から借り入れた1億円のうち、残り4600万円も支払える訳が無い。(大石は自己破産後、“大石 智一”から“大石 倫司”に名前を変えている)

当然、貸したものは返してもらうべく動いていたらしいが、最近になってこんな書類を入手したのでご覧頂きたい。

無題 2 3 4 5 6

 

 

 

 

ご覧頂ければ分かるよう、大翔からの借り入れは自己破産の対象には入っておらず、返す意思があると記述されている。

書類にもあるよう、一度は100万円の振込みがあったようだが、その次の月から連絡がとれなくなり、振込みもなくなったと聞いている。

また、大石は自己破産しているが計画倒産のため、大石の元家族は今でも何不自由なく生活しているらしい。

それに、離婚後も大石の家族は「大石」という名を名乗っているため、責任は大石家族にもあるのではないだろうか。

大石の神奈川にある現住所に新政會の一員が向かったがそこに家族で住んでいたと聞いている。

返済できないのなら、娘、元妻、のところにいくのは自然な流れである。

ちなみに、この写真が大石が住んでいた神奈川の豪邸だ。こんな豪邸に住めるくらいならさっさと返済すればいいのではないだろうか。

_S__17555581 S__17874975 S__17874997

我々、民族運動家から借金をして、返さない人間が悪いのか、借りた金も返せない学習院出の名門卒の連中が返さないで済まされるのか。

大石は偽装離婚など、何でも有りの人達である。

亡き先輩も嘆居ていることだろう。

我々、大日本新政會は自分の都合で他人や家族に迷惑をかける大石智一、仁科亜希子を決して許しはしない。

これからこの件に関しては情報が入り次第、本ホームページでお知らせしようと思う。

 

大日本新政會 事務局

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です